コンビツール / KombiTool

このソフトウェア(KombiTool)は、Windows OS搭載のコンピュータと、ベッカーが認可した周波数インバータとの間のデータ交換を可能にします。 コンピューターと周波数インバータの間の通信には、適切なインターフェースコンバータを使用する必要があります。 コンビツールが起動し、接続された周波数インバータとのデータ接続が確立された後、ユーザは以下の機能を実行することができます。

パラメータ設定

  • 接続された周波数インバータからパラメータセットをすべて読み取り、データとして保存することができます。
  • パラメータセットは、ハードディスクやUSBスティックなどに保存されたファイルから読み込むことができます。また、接続された周波数インバータにそれを転送して保存することもできます
  • USSテレグラム間の時間が表示されます。
  • USSアドレスが表示されます。
  • ボーレートが表示されます。
コンビツール真空ポンプソフトウェア
コンビツール真空ポンプソフトウェア
コンビツール真空ポンプソフトウェア

診断

  • 診断機能を使うことで、接続された周波数インバータから異なるパラメータ(例えば設定値と現在値)を同時に読み取ることが出来ます。
  • 選択されたパラメータは数値と画像(オプション)で表示されます。
  • 診断画像はウィンドウに表示されます。
  • 表示された画像ウィンドウは、ビットマップ (*.bmp) ファイルとして保存することができます。
  • 取得した数値はレコーダ機能を使って記録することができます。

弊社総合トップページをご覧いただく場合はこちらをクリックしてください。

コンビツールのダウンロード方法等は弊社まで直接お問い合わせください。